人気ブログランキング |

鈴鹿セブンマウンテン(4座目) 釈迦ヶ岳


覚書きのため、約1か月前の日記をアップします。

今回は鈴鹿セブンマウンテンのうちの1つ。釈迦ヶ岳です。
朝4時30分に起きて、ナビに従って朝明キャンプ場の駐車場に向かいます。

c0246261_17265673.jpg
7時に駐車場に到着。天気予報通り快晴です。
聞いていた通り、管理の方から登山道の確認がありました。


c0246261_18040262.jpg
登山届を提出して、さあ出発!


c0246261_17290723.jpg
小さな沢を渡ります。



c0246261_17290859.jpg
いきなり、この入り口をロスト。
登山口が分からずウロウロしてしまいました。(恥)


c0246261_17290891.jpg
登り始めはこんな感じ。



c0246261_17290882.jpg
たまにザレた所も。



c0246261_17290842.jpg
岩をかち割って木が生えたのか?割れた所に木が生えたのか?



c0246261_17290838.jpg
細かいアップダウンを繰り返しながら高度を上げていきます。



c0246261_17290887.jpg
少し開けたところで休憩。



c0246261_17290828.jpg
うひゃあー、苦手な階段です。


c0246261_17290947.jpg
庵座谷分岐。早くもバテバテ。。。


c0246261_17333479.jpg
展望の良い所でしばし休憩。


c0246261_17333461.jpg


c0246261_17333452.jpg


c0246261_17333413.jpg


c0246261_17333451.jpg


c0246261_17333579.jpg
山頂はコチラ。


c0246261_17333575.jpg
ガレ場を登ります。


c0246261_17333556.jpg


c0246261_17333596.jpg


c0246261_17333517.jpg

c0246261_17350104.jpg
少し道幅は多少細くなりますが特に問題はありません。



c0246261_17350232.jpg
先ほどの細い道を振り返ります。



c0246261_17350213.jpg
この先は更に道が細くなります。よそ見は禁物です。


c0246261_17350284.jpg
この日は風も無く、緊張感無く登れました。


c0246261_17350234.jpg
ちなみに左側はこんな感じの崖。


c0246261_17350286.jpg
急登を登り終えると最高点に到着。


c0246261_17350376.jpg
眺望はまずまず。


c0246261_17350347.jpg
分岐はそのまま釈迦ヶ岳方面へ真っ直ぐ進みます。
帰りはハト峰方面へ。


c0246261_17350359.jpg
眺望はこちら側だけですが、キレイに見渡せました。


c0246261_17354089.jpg
頂上は意外と狭かったです。


c0246261_17354018.jpg
お約束?の三角点タッチ。


c0246261_17354042.jpg
立派な石碑。残念ながら倒れてますけど。


c0246261_17354033.jpg
昼食にはちと早いので、しばし休憩の後先に進みます。


c0246261_17354036.jpg
崩落が進んでます。


c0246261_17354151.jpg
すぐに猫岳に到着。記念撮影だけで先に進みます。


c0246261_17354184.jpg
こういう稜線大好きです。


c0246261_17354168.jpg
ホタルに似たただの虫かと思ったが一応写真を撮ってみた。
帰宅後調べたところ、オバボタルという昼間も活動するホタルでした。


c0246261_17354174.jpg
ニョキニョキ。


c0246261_17354120.jpg
道標に従い、ハト峰を目指します。


c0246261_17361267.jpg
このザレザレを登り切ればハト峰です。


c0246261_17361324.jpg


c0246261_17361346.jpg


c0246261_17361350.jpg
ハト峰に到着~。


c0246261_17361321.jpg


c0246261_17361323.jpg
不思議な景観。


c0246261_17361315.jpg
本日はここにて帰路につきます。


c0246261_17361423.jpg


c0246261_17361478.jpg
なわだるみ堰堤。木曽三川の勉強で必ず出てくるヨハネス・デ・レーケ。
ここ必ずテストに出るので覚えておいて下さいね。(笑)


c0246261_17361410.jpg
どなたかのマネです。苔の壁。


c0246261_17363522.jpg
菰野の水車


c0246261_17363640.jpg
子供たちが気持ち良さそうに遊んでいました。魚は獲れたかな?


c0246261_17363660.jpg
思ったほど汗はかきませんでした。
さあ駐車場まであと一息。


c0246261_17363678.jpg

ゴーーール!!
駐車場は家族連れの車でほぼ満車でした。


この日はボーっとしていたのか、登り始めから道をロストしまくりで、不安な出だしでしたが、それ以外は特に問題も無く順調でした。
釈迦ヶ岳最高点の手前の急登は、濡れているとかなり滑るので注意が必要ですが、それ以外は危険な箇所も特に無く、登り易い山だと思います。

さて、今週末は雨乞かな?



by lu_kinomukumama | 2016-07-18 20:00 | 登山

和気あいあい楽しいハイキング(大台ヶ原)

自分の覚書きのための過去ネタです。(5/21)

久しぶりにパーティーでの山行。
皆さん底抜けに明るくて、とても楽しかったです。
やっぱり山はソロより人数が多い方が楽しい!としみじみ感じた山行でした。

c0246261_1663442.jpg

本日はココ。日本百名山の大台ヶ原です。
8時に到着したのですが駐車場は既に2/3が埋まっていました。
さすが百名山ですね。


c0246261_1665742.jpg

いつもはソロですが、今回はYさんに誘われて5人で登ります。
東大台ヶ原を時計回りに。まずは日出ヶ岳を目指します。


c0246261_1671929.jpg

新緑が気持ち良いです。登山道の両側は笹に覆われています。


c0246261_1610357.jpg

登山道にはあちこちに木の根っこが飛び出しており、注意しないと足を引っ掛けます。


c0246261_16172615.jpg

イイネ、この感じ。


c0246261_16191919.jpg

あっという間に分岐に到着。
分岐点に展望台があったのでチョット寄り道。


c0246261_16201937.jpg

海が見えます。


c0246261_16204978.jpg

あそこに見えるのは日出ヶ岳。もう少しです。


c0246261_1621258.jpg

マタ~リと登って行くと。。。


c0246261_16221511.jpg

最後に階段が。。。
皆さんグイグイ登ります。


c0246261_16225924.jpg

なかなかの登りです。み、みんな待ってくれ~。


c0246261_1624557.jpg

ゼイゼイと息を切らして登頂!


c0246261_16263825.jpg

頂上には立派な展望台があり、展望台からの眺望はなかなかのモノです。


c0246261_1629113.jpg

あの尖った山は釈迦ヶ岳だそうな。


c0246261_16293131.jpg

コチラ側の尖った山は大普賢岳。


c0246261_1630641.jpg

その他は、、、


c0246261_16305191.jpg

良く分かりません。(^_^;)


c0246261_16313854.jpg

空気が澄んでいる時は富士山が見えるそうです。今日は無理ッスね。


c0246261_16322785.jpg

この後は、向こうに見える木道を歩きます。


c0246261_1632458.jpg

皆さん小休止。


c0246261_1633212.jpg

先ほどの分岐を目指して下りていきます。


c0246261_1634262.jpg

先ほど展望台から見た木道から日出ヶ岳を振り返ります。
ここまで来たところで三角点の写真を撮り忘れた事に気が付きます。
痛恨のミス!が時すでに遅し。。。


c0246261_163522.jpg

マタ~リと木道を登っていきます。木で囲まれてトンネルの様です。


c0246261_16361844.jpg

ピークに到着。


c0246261_16364370.jpg

枯れた木々。朽ちた木々の景色が広がっています。


c0246261_16373833.jpg

地表は全て笹に覆われています。


c0246261_163879.jpg

なんとなく、もの悲しい。


c0246261_16385097.jpg

どこかで見たような景色なんだけど。


c0246261_16391756.jpg

なかなか思い出せない。うーん。。。


c0246261_1640230.jpg

あっ、思い出した。


c0246261_16403561.jpg

北海道の野付半島で見た景色と同じなんだ。
あそこは海水の浸食で立ち枯れたと記憶しています。


c0246261_16412354.jpg

Yさんの背中。貫禄ありますね~。(笑)


c0246261_16415774.jpg

三本の柱。3本でも折れちゃったのね。
って、それは3本の矢でした。。。


c0246261_16423042.jpg

伊勢湾台風が原因だったとは。。。


c0246261_1645855.jpg

おしゃべりしながらドンドン下っていきます。


c0246261_16452369.jpg

ハイ、チーズ!


c0246261_16465728.jpg

まだまだ下っていきますよ~。


c0246261_16475232.jpg

今までのところ、登山の雰囲気は全くありません。(笑)
楽チン楽チン!


c0246261_1648444.jpg

まもなく、正木峠に到着。


c0246261_16491168.jpg

正木峠にある案内板。
「次の写真と比べてみて下さい。」


c0246261_16493985.jpg

案内板の写真と比べると、木々の減り方が痛々しいです。
どうしたら森が守れるのでしょうか?単純な植林ではアカンのでしょうね。


c0246261_16501648.jpg

深刻な問題もどこへやら、皆さんは新緑の撮影に夢中。(笑)


c0246261_16504896.jpg

私も負けじと記録します。


c0246261_16512176.jpg

倒木の根から新しい木が育っています。
逞しさを感じて、嬉しくなってきます。


c0246261_16521192.jpg

牛石ヶ原。神武天皇だそうです。石垣が今にも崩れそう。。。


c0246261_16524081.jpg

本日のメインイベント。大蛇嵓!


c0246261_16531786.jpg

と、その前にお花で癒しを。


c0246261_1653409.jpg

だんだんザレて来ました。


c0246261_16542457.jpg

ヒェー!下を見ると足がすくみます。


c0246261_1655670.jpg

向こうに滝が見えます。中の滝でしょうか。


c0246261_16555535.jpg

ガクブルです。(冷汗)


c0246261_16563933.jpg

絶景!


c0246261_16571249.jpg

柵が無かったらこんな所に立てません。(汗)


c0246261_16574542.jpg

すんごい恐いのですが、この高度感を写真でお伝え出来ないのがもどかしいです。


c0246261_16581985.jpg

後から来られた親子。
お嬢ちゃんは恐いので座りながらズリズリと前の方に降りていきます。


c0246261_16585277.jpg

後から来られた女性の方も岩に手を添えながら、、、です。


c0246261_16592451.jpg

ふぅ~、恐かった~。このドキドキを花に癒してもらいましょう。


c0246261_16595819.jpg

チョット岩の上に寄り道。


c0246261_1702722.jpg

ヤッホー!やまびこが返ってきます。(笑)


c0246261_1705917.jpg

大蛇嵓を後にして下っていきます。
ちょっとした鎖場も出てきます。


c0246261_1713097.jpg

木と花のトンネル。


c0246261_172492.jpg

のんびりと木洩れ日の中を進みます。


c0246261_1764241.jpg

さらにグングン下っていきます。
下るって事は後で登り返しがあるんだろうなぁ。。。なんだかイヤな予感。


c0246261_1772237.jpg

しばらくすると川に到着!


c0246261_179388.jpg

シオカラ谷吊り橋。今日はここで、お昼にします。


c0246261_1795995.jpg

川のせせらぎを聞きながらの食事。美味しくない筈がありませんね。


c0246261_17105037.jpg

食後は写真を撮りながらマタ~リとします。至福の時。


c0246261_1711215.jpg

マイナスイオン全開!


c0246261_17115549.jpg

新緑もキレイ!


c0246261_17122719.jpg

さてと、そろそろ行きますか!


c0246261_17125112.jpg

吊り橋を渡ると一気に階段の急登が始まります。お花に癒しを頂きます。


c0246261_17134415.jpg

うーん、気持ち良い〜


c0246261_17142613.jpg

しかし、階段の急登は満腹の体にこたえます。


c0246261_171594.jpg

落石注意! こんなの当たったらと思うとゾッとします。


c0246261_17154128.jpg

長い長い階段がお目見えしました。ヤッパリこうなるのね〜。(>_<)


c0246261_17161118.jpg

半分?まだ? 息を整えるために立ち止まり、振り返ってパチリ。


c0246261_17164147.jpg

ようやく階段地獄を抜け、緩やかな登りに。ゼェゼェ…


c0246261_17171662.jpg

ここを登り切ったらゴールです。 さあラストスパート!


c0246261_17174813.jpg

無事にゴール!! 私が一番息が上がっていました。(苦笑)


c0246261_17181729.jpg

最後にビジターセンターでお勉強! 皆さん、お疲れ様でした。



コース自体は非常に整備されており、最後の階段以外はまったり歩けます。
ハイキング色が濃くて、登山のイメージで来るとちょっと達成感が薄い山です。

「次は白山だー!!」と皆さんが吠えてましたので、体力作りに励まねば!
皆さんありがとうございましたー。

by lu_kinomukumama | 2016-05-21 20:00 | 登山

家族とのんびりハイキング(石津御嶽)

5/4ネタです。

嫁の実家に行ったついでに、家族と一緒に軽めの登山をしてきました。

本日は石津御嶽に登ります。
熊注意の看板が目を引きます。
c0246261_17441111.jpg


左が御嶽って事は、右にも道があるのかな?
c0246261_17442452.jpg


石津御嶽はこの山の向こうになります。
c0246261_17463041.jpg


お茶の葉が色鮮やか!
c0246261_17471326.jpg


今日は家族と義父母と一緒にノンビリ登ります。
c0246261_17474297.jpg


御嶽神社の参道が登山道になっている様です。
c0246261_17482552.jpg


苔むした木。
c0246261_17493012.jpg


この柵の先が登山口となります。
c0246261_17502367.jpg


里宮神社。登山の無事を祈願します。
c0246261_17505692.jpg


4合目までしか案内はありません。
c0246261_17513633.jpg


ここから登山スタートです。嫁は既にヒーヒー言ってます。(笑)
ここにもクマ注意の看板が。。。
c0246261_1752669.jpg


キレイに整備されています。
c0246261_17532274.jpg


あっという間に一合目。
c0246261_17535476.jpg


なかなかの急登です。みんな頑張れ~。
c0246261_17542549.jpg


うねった木。
c0246261_17553842.jpg


二合目。
c0246261_1756828.jpg


ポイント毎に案内板とベンチが設置されてます。とても良く管理されています。
c0246261_17565158.jpg


新緑!
c0246261_17572565.jpg


三合目。
c0246261_1841322.jpg


四合目。
c0246261_1841489.jpg


四合目の立派な展望台です。
クマバチの様な大きな虫がブンブン飛んでおり、ちょっと恐怖感あります。
家族は4合目まで、ここで家族とは別れて一人で山頂を目指します。
c0246261_18424160.jpg


恵那山?は肉眼ではうっすらと見えましたが、、、
c0246261_18454455.jpg


名古屋駅前の高層ビル群と稲沢エレベータの試験棟も見えます。
c0246261_18485668.jpg


海津橋。左上には東海大橋も見えます。
c0246261_184928100.jpg


五合目!クマバチの様な虫がブンブン飛んできて落ち着きません。
c0246261_18501664.jpg


ビビットな黄色!
c0246261_18504569.jpg


カワイイ!
c0246261_1851966.jpg


山の名は不明。
藤原同様に豪快に削られています。
c0246261_20174446.jpg


五合目付近は右側が切りたった崖となっているため柵が設けられています。
c0246261_20181597.jpg


藤が満開!
c0246261_20183973.jpg


人工的な滝ですが、なかなかの見応えです。
c0246261_2019392.jpg


ここからまた樹林帯に入ります。
c0246261_2019346.jpg


四合目までの整備された登山道とは違い、昔ながらの登山道です。
c0246261_20195941.jpg


六合目。
ここの登山道の道標は石でできていて趣があります。
c0246261_20203291.jpg


椿のタネ。
c0246261_2021130.jpg


七合目。
c0246261_20222550.jpg


グイグイ登ります。
c0246261_20233064.jpg


八合目。
c0246261_2023776.jpg


途中落ち葉に埋もれかけた石段を発見。登ってみると、、、
c0246261_20242334.jpg


石段を登り切ると八海山の御社がありました。
ここでも登山の無事を祈願します。
c0246261_20245995.jpg


新緑がキレイ!
c0246261_20252837.jpg


少し開けてきました。
c0246261_20255088.jpg


と、思ったら山頂に到着。
c0246261_20284049.jpg


三角点も渋いです。
c0246261_2029495.jpg


ここから多度山までは120分だそうです。
c0246261_20292744.jpg


せっかくなので御嶽神社に向かいます。
c0246261_2030063.jpg


あっという間に御嶽神社。
しかし鍵が掛かっており中は垣間見えず。このままお参りします。
c0246261_20303597.jpg


山頂付近は木々に覆われていて殆んど眺望はありません。
c0246261_2031455.jpg


ここで昼食を取ります。オニギリ3個也!
c0246261_20312978.jpg


見たことない蝶がいました。
c0246261_20314889.jpg


休憩後は一気に下山します。
c0246261_20321465.jpg


なかなか面白い木です。
c0246261_203239100.jpg


藤がキレイでした。
c0246261_2033056.jpg


気持ち良いネ~。
ただしクマバチ?のブンブン攻撃に怯えながらの撮影です。。。
c0246261_20334750.jpg


無事下山。お疲れさまでした~。
c0246261_20341215.jpg



眺望があるのは5合目までで、5合目より上は木々に囲まれて眺望はありません。
登られている殆んどの方は、さらに別の山を目指して縦走されていると思われます。

時間に余裕があれば池の方まで行ってみたかったのですが、
今日は時間の都合もあり、 ピストンで下山しました。
ピストンで下山したのは恐らく私だけかと。。。(笑)

4、5合目にクマバチの様な大きな虫がブンブン飛んでおり、
ちょっと恐かったです。
自分のテリトリーに入ってくる虫や人を追い回している様に見えました。

実際にその虫がアタックして来る訳ではないのですが、大きなブーン
という羽根の音が 威圧的で、家族は凄く恐がってしまい、4合目で
食べるはずだったお弁当も食べずに家族は下山してしまいました。

※追記
帰宅後ネットで調べたところ、 オスのクマバチだった様です。
この時期は繁殖のために自分の縄張り内で一定の場所にホバリングして
メスを待ち伏せするとのこと。
そして近づく虫などを追っかけまわして、メスかどうかを確認する習性が
あるようです。

また、非常に大人しい性格でこちらから意地悪をしない限りは攻撃して
こないとのこと。 
いやはや勉強になりました。。。

by lu_kinomukumama | 2016-05-04 15:00 | 登山

竜ヶ岳(金山尾根~遠足尾根)

今年5回目の登山は、前々から登ってみたかった竜ヶ岳です。

本日はこの山に登ります。
c0246261_23392657.jpg


6時に到着。この時点で車は3台。
駐車料金は500円也(環境保全協力費込み)。
c0246261_2329189.jpg


快晴です。
気分が盛り上がってきます。
c0246261_23293335.jpg


非常に分かり易い登山道の地図です。
宇賀渓キャンプ場のパンフの裏にはもっと詳細な登山道地図もありました!
c0246261_2329444.jpg


歩きだすとすぐに吊り橋です。
吊り橋を左手に下るとキャンプ場があります。
c0246261_23295692.jpg


御所滝のそばにテントが張ってありました。
c0246261_2330108.jpg


名水「竜の雫」だそうです。
このまま飲んでも大丈夫なのかは不明?
c0246261_2330208.jpg


少し進むと遠足尾根への分岐が現れます。
ここは右に行かずに、金山尾根方面を目指します。
c0246261_23303546.jpg


すぐに白滝に到着。
c0246261_23312447.jpg


吊り橋は壊れており、丸太橋を渡ります。
c0246261_233047100.jpg


水量も多く、見事な滝です。
c0246261_2331172.jpg


水はとってもキレイ!
c0246261_23311282.jpg


魚止橋を渡ります。
c0246261_23314215.jpg


金山方面に向かいます。
これだけ案内があれば間違いません。(笑)
c0246261_23315760.jpg


こんな感じの道を進みます。
c0246261_23321352.jpg


花の名前は、、、
勉強しますね。。。(汗)
c0246261_23322387.jpg


竜ヶ岳 見えましたっ!!
c0246261_23323488.jpg


たまーに、ガレた場所が出てきます。
c0246261_23324648.jpg


花の写真を撮りながらノンビリ登ります。
c0246261_23325954.jpg


新緑が気持ち良いです。
c0246261_23331011.jpg


ツツジがキレイ。
c0246261_23331978.jpg


花や景色を撮りながらノンビリ登ります。
c0246261_23332928.jpg


c0246261_23334344.jpg


c0246261_23335347.jpg


c0246261_2334685.jpg


樹林帯を抜けましたが、思ったほど風は強くありません。
c0246261_23341723.jpg


徐々に山頂が近づいてきました。
c0246261_23342820.jpg


樹林帯の馬酔木は完全に散っていましたが、樹林帯を越えた所はまだまだ満開でした。
c0246261_23343978.jpg


藤原岳。
こんなに削っちゃって大丈夫なのかな?
c0246261_23344731.jpg


御池岳、藤原岳、遠くに見えるのは霊仙山かな。
c0246261_23345927.jpg


遠足尾根との分岐点。
帰りはここを右手に下ります。
c0246261_2335872.jpg


良いね~、この稜線。
c0246261_23563667.jpg


これを登りたくて今日はここに来たんです。ハイ。
c0246261_23353412.jpg


楽しくってスキップで登ります。

ゴメンナサイ、嘘です。
普通に登ってますです。。。
c0246261_2355155.jpg


道はこんな感じ。
石がゴロゴロしてちょっと登りにくいかな。
c0246261_23355212.jpg


あっという間に登頂!
三角点の向こうに見えるのは藤原岳。
c0246261_233559100.jpg


c0246261_2336625.jpg


c0246261_23361621.jpg


頂上は360度の大パノラマ!
景色は最高です。
c0246261_23362567.jpg


c0246261_23363669.jpg


見える山々はこんな感じ。
c0246261_23364340.jpg


c0246261_23365217.jpg


こっち側はこんな感じ。
ちゃんと山の名前の下に、山の形が作ってあるんだよね。
芸が細かいです!!
c0246261_2337078.jpg


こっちは中道かな?
c0246261_2337970.jpg


頂上は吹きっさらしで風が強いため、記念撮影を終えたらサッサと下山します。
c0246261_23372359.jpg


今度は遠足尾根で下山します。
c0246261_23373029.jpg


途中、キレイなツツジが咲いていました。
c0246261_23373722.jpg


c0246261_23375090.jpg


突然、岩場が出現!
しかも何故かここだけ。
c0246261_23375911.jpg


今度は花の本も持って来よう!
c0246261_2338738.jpg


c0246261_2338149.jpg


行きに通った分岐に到着。
c0246261_23382126.jpg


無事下山できました。お疲れさま~。
朝はガラガラだった駐車場も満車となっていました。
c0246261_031488.jpg



他の方の竜ヶ岳の写真を見て、あの稜線の登山道をいつか登るぞ!
って思っていました。
実際に今回登ってみたのですが、登り易くてホントに楽しい山でした。
頂上も360度見渡せるって、やっぱり気持ち良いですね。

下りは遠足尾根で下ったのですが、遠足とは名ばかりで、
全然遠足という軽いノリではなく、かなり厳しかったです。(笑)
金山尾根の方が登り易いのでは?と思いました。

でも、ぜひまた登りたいですね。
今度は雪が降ったら、、、かな?

by lu_kinomukumama | 2016-04-30 20:00 | 登山

福寿草で有名な藤原岳へ!(3/21)

今年4回目の登山は福寿草で人気の藤原岳へ行ってきました。
さすが人気の山ですね、早めに着いたつもりだったのですが、
6:15の時点で駐車場の残りは僅かでした。

c0246261_20404330.jpg


立派な休憩所です。洗い場も完備されてます。
c0246261_2042318.jpg


登山届を提出して、さあ出発!
c0246261_2044108.jpg


神武神社に登山の無事を祈願します。
c0246261_20453146.jpg


柔らかな朝日を浴びて良い感じ。
c0246261_2048035.jpg


2合目
1か月ぶりの登山で早くも息が上がってます。トホホです。。。
c0246261_20491090.jpg

3合目
全くペースが上がらず。ダラダラと登ります
c0246261_20495320.jpg

4合目
景色が変わり映えしません。。。
c0246261_20513057.jpg

5合目
c0246261_20501272.jpg

気分を変えるために写真を撮ります。
c0246261_2154635.jpg

c0246261_2183385.jpg

6合目
またまた杉林。。。
c0246261_21102164.jpg

7合目
景色が変わり映えしません。
c0246261_21115570.jpg

崩落が進んでいます。
c0246261_21125035.jpg

霜柱発見!デカい!
c0246261_21131790.jpg

ザクザク踏めるかと思いきや、硬くてビクともしません。
c0246261_21135678.jpg

ようやく8合目。
そろそろ福寿草は?
どこなの?
c0246261_21144951.jpg

ガレ場を進んでいくと。。。
c0246261_2117940.jpg

やっと福寿草がありました!
可愛らしい花ですね。
c0246261_21181066.jpg

c0246261_21183287.jpg

c0246261_21184634.jpg

c0246261_2119116.jpg

泥濘と格闘しながら歩いていると小屋に到着!
トイレがキレイでした。
c0246261_2123928.jpg

水分補給をしてそのまま山頂を目指します。
小屋からは一旦下るのですが、泥濘に足を取られて何度か転びそうになりました。
c0246261_21243750.jpg

日陰にはまだ雪が残っています。
c0246261_2126133.jpg

泥濘に足を取られながら何とか到着。
c0246261_21302721.jpg

物凄い強風に何度かバランスを崩されながら写真を撮ります。
c0246261_21313536.jpg

伊吹山。
先月直登した山とは思えないほど雪がありません。
c0246261_21315090.jpg

c0246261_2132623.jpg

c0246261_21322265.jpg

c0246261_21324182.jpg

これ、何でしょう?
c0246261_2136848.jpg

テン泊した方がおられた様です。
強風は大丈夫だったのかな?
c0246261_21365017.jpg

冷たい強風にあおられながら天狗岩を目指します。
風が冷たくて顔が痛いです。
c0246261_21381132.jpg

大きなケルン
c0246261_21384090.jpg

この辺りは小岩が立ち並んでフシギな景色です。
c0246261_2139814.jpg

天狗岩に到着。見晴らし最高!
何故だかここは風が吹いて無かったです。
c0246261_2140629.jpg

小屋に戻りますが、あまりのドロドロ具合にテンションが下がります。
藤原山荘も激混みのため、昼食はとらずに下山します。
c0246261_2140425.jpg

登っている時は閉じていた花が開いていました。
c0246261_21514030.jpg

c0246261_21515991.jpg

同じ道ではつまらないので、帰りは裏登山道から下ります。
c0246261_21531488.jpg

しかし、裏道はかなりの傾斜です。
c0246261_2154983.jpg

c0246261_21545414.jpg

薄暗くて寂しい道が続きます。
c0246261_21551491.jpg

すれ違う人も殆んどおらず、本当に下山できるのか不安に駆られます。
c0246261_21552734.jpg

立派な砂防ダムが見えて安心しました。
しかし、この砂防ダムの昇り降りがしんどかった。。。
c0246261_21554154.jpg

ちょっと遠回りしましたが、無事に下山できました。ホッ。。。
c0246261_21555611.jpg


道も小屋も整備されていて非常に登り易い山でした。
人気があるのも頷けます。

ただ、肝心の福寿草は予想よりも少なめ。
毎年こんなもんなのでしょうか?
もっとたくさん群生しているのを想像していたため、少しガッカリでした。

泥濘が無くなった頃にもう一度登ってみたいです。
今度は鎌ヶ岳の縦走も追加したいですね。
[2016.03.21 撮影]

by lu_kinomukumama | 2016-03-26 20:37 | 登山

快晴の伊吹山(2/11)

2月11日分の記事になります。

今年3度目の山登りはどこへ行くべ?
と思いながら皆さんの日記を眺めていたら、
伊吹山にそこそこの雪が積もったとの書き込みが!

てんくらで予報を見ると、2/11は晴れ!
しかも風も弱く気温も温かいとの事だったので伊吹山に決定!
ウキウキしながら行って参りました。

ここから登ります。
c0246261_22123064.jpg


1合目手前から雪がチラホラ。
c0246261_2214151.jpg


1合目
c0246261_22142181.jpg


2合目手前から。霊仙山も綺麗に見えます。
c0246261_22175681.jpg


2合目
c0246261_22182022.jpg


3号目手前から伊吹山の全貌が見えてきます。テンションアゲアゲ。
c0246261_22191272.jpg


3合目。少しずつ雪が増えてきます。
c0246261_2220830.jpg


雪のモフモフ感が少しずつアップ。
c0246261_22205242.jpg


4合目
c0246261_22215634.jpg


暖かすぎて霧氷が無いのが残念。
c0246261_22233176.jpg


5合目。
この辺りから夏道ルートと直登ルートなど色々。
c0246261_2226489.jpg


避難小屋まで直登します。
c0246261_22272920.jpg


6合目。まだまだ直登します。
c0246261_22285720.jpg


ずいぶん登ってきました。ちょっとバテ気味。
c0246261_22332430.jpg


7合目でアイゼンを装着。ひたすら直登します。
c0246261_2235220.jpg


8合目。夏道から外れて直登ルートに向かいます。
c0246261_2236452.jpg


途中、溶けかけの霧氷発見。
c0246261_22373052.jpg


さあ、頑張って登るぞー!
c0246261_2238219.jpg


チョー楽しい~!!
c0246261_22383845.jpg


振り返ると、なかなかの急登です。
c0246261_2239385.jpg


頂上手前から夏道ルートへ。
c0246261_22405275.jpg


頂上が見えてきました。雲1つ無い快晴!
青と白のコントラストが素晴らしい!!
c0246261_22422056.jpg


タバコのCMみたい!
c0246261_22431096.jpg


山頂到着!良い感じです。
c0246261_22433940.jpg


c0246261_2246466.jpg


エビのシッポは溶けてしまった様です。残念!
c0246261_2246334.jpg


タケルさんの向こうに絶景が!!
c0246261_2247515.jpg


白山!
c0246261_22504453.jpg


乗鞍、御岳。ちゃんと写真撮れてないのが残念。。。
c0246261_22591964.jpg


山頂はヒザ下ぐらいの積雪。
ガリガリに凍った場所とモフモフの場所が混在。
c0246261_233305.jpg


お約束で三角点にタッチ。
c0246261_2343050.jpg


モフモフ感を十二分に味わったので下山します。
c0246261_235391.jpg


一気に5合目まで下ります。振り返れば多くの登山者が!
c0246261_237377.jpg


5合目で軽めの昼食です。
c0246261_23867.jpg


昼食後はアイゼンを外し、足跡の無い場所を選んで歩き、
モフモフ感を存分に味わいます。
c0246261_2395199.jpg

c0246261_231034.jpg


本当に今日は最高の天気でした。ありがとうございます!
c0246261_23125739.jpg


ただし、2合目から下はチキチキ泥んこ猛レースが始まります。
滑って転ばない様に注意が必要です。
おかげ様で靴やゲーターはドロドロのネチャネチャでした。
c0246261_23133869.jpg


無事にゴールです。今日は本当に楽しかったです。
伊吹山と天気に感謝です。
c0246261_23141316.jpg


本日駐車した駐車場(一番奥の200円のとこ)には洗い場とブラシが置いてあり、
汚れはキレイサッパリ!
おかげ様で気持ち良く帰路につくことができました。管理人様にも感謝です!!

by lu_kinomukumama | 2016-02-13 23:22 | 登山

御在所

先週(1/17)ネタです。

天気も良く、温かい事を確認した上で、御在所に登って来ました。
雪は殆んど無いとの事でしたがルートが分からなくなると困るので、
前回(昨年9月)登ったルートで登ります。

今日もここから。

c0246261_15512080.jpg


c0246261_160080.jpg


登り始めると、すぐに汗だくになってしまいました。
今日は「汗をかかない様に登る」が課題だったのに。。。(汗

c0246261_1605723.jpg


ロープウェイのお客さんに笑顔で手を振ります。(ホントは辛い)

c0246261_1625547.jpg


c0246261_163941.jpg


おばれ岩

c0246261_1635258.jpg


頂上はまだまだ先です。

c0246261_1641396.jpg


c0246261_1642822.jpg


5合目

c0246261_169414.jpg


6合目。
少し雪が増えてきました。

c0246261_1610887.jpg


キレット

c0246261_16104435.jpg


鎌ヶ岳

c0246261_16203159.jpg


徐々に滑り始めたので、秘密兵器を装着します。
初アイゼン!!

c0246261_16224117.jpg


8合目
ここは日当たりが良いので雪が無くなります。

c0246261_16231266.jpg


富士見岩
なんとか辿り着きました。

c0246261_1623506.jpg


c0246261_16254045.jpg


c0246261_16255414.jpg


時間が遅いため溶けてしまった様です。残念。

c0246261_16263492.jpg


とりあえず、お約束の雪だるま。

c0246261_1627764.jpg


スキー場はまずまずの賑わい。

c0246261_16281475.jpg


氷爆も順調に育っています。

c0246261_16285163.jpg


無事に登頂!
カップヌードルを食べてそそくさと下山します。

c0246261_16311044.jpg


帰りは裏道で。

c0246261_16313060.jpg


c0246261_16314198.jpg


途中立派なツララが!

c0246261_16321673.jpg


どんどん下ります。

c0246261_16325124.jpg


c0246261_16325959.jpg


あっという間に藤内小屋。

c0246261_1634469.jpg


無事下山です。
お疲れさまでした。

c0246261_16351824.jpg


現在は、ガッツリ雪が積もっている様なので
私の様な初心者ではもう登るのは無理ですね。

しばらくは、低山で体力作りに励みたいと思います。
[2016.01.17 撮影]

by lu_kinomukumama | 2016-01-17 20:00 | 登山